幼稚園教諭の職業を目指すなら大学に通うことから始めよう

女の人

安全管理を行なう役目

メンズ

会社に勤務する従業員の安全を守る役割を担っているのが、衛星管理者という資格を持つ人です。衛星管理者とは、労働時間中に何か事故やトラブルに巻き込まれた場合に安全管理を行なっていく人のことです。日本では、従業員が50人以上を超える大型企業になると、必ず衛星管理者の資格を持っている人を配置しなければならないという決まりがあります。衛星管理者の資格を持つ人がいることで、就業中に何かトラブルが起こってもすぐさま対処することができます。

衛星管理者の資格を取得するには、難関な試験を突破しなければなりません。資格試験の中でも二つの種類がありますので、受験する際はそれぞれの内容をきちんと把握しておくようにしましょう。一つ目は第一種衛星管理者免許という資格です。この資格は衛星管理者のエキスパートとも呼べる存在で、取得がとても困難なものとなっています。しかし、第一種免許を取得すると様々な業務においてこの資格を適応させることができますので便利です。二つ目は、第二種衛星管理者免許という資格になります。この資格は、第一種と違って適応できる業務が限られています。第二種免許で適応できる業務の種類は、情報通信業、金融・保険業、卸売・小売業などといったものになります。それぞれ免許の種類によって適応できる業務が異なりますので、自分の目的に合わせて受験する資格を選ぶといいでしょう。あらかじめネットなどで情報集めをして、受験の流れを把握しておくといいです。